黒豆で健康生活

|黒豆は古くから健康食品として知られていました。

sponsored link

はじめに

黒豆

このサイトでは黒豆の栄養成分や効能・効果、黒豆を使った食品などについてまとめました。

黒豆は中国原産でマメ科の一年草です。
今では世界各地で栽培されています。
名前の由来は、みなさんがお気付きのように皮が黒いためです。
黒豆は大豆とほぼ同じ栄養成分が含まれ、
健康と美容に良い言われています。

そして黒豆の黒い表皮の色は植物性色素のポリフェノールの一種、
アントシアニンです。
アントシアニンは眼精疲労を癒すなどの効果がある抗酸化物質です。
このアントシアニンが含まれていることから黒豆は大豆よりも栄養価が高いとされています。

黒豆(黒大豆)について

黒豆とは大豆の仲間で黒大豆(くろだいず)とも呼ぶマメ科の1年草です。皮が黒いことからこの名が付けられました。原産国は中国で、いまでは世界各地で栽培されています。

黒豆の栄養成分はほぼ大豆と同じですが、皮の黒い色素アントシアニンを含んでいることが大豆と違う特徴です。大豆をクギと一緒に煮るとツヤが出るのは、このアントシアニンが鉄分と反応して黒色が鮮やかになるからです。

必須アミノ酸など良質のたんぱく質や、脂質のリノール酸やリノレイン酸、レシチンやサポニンがコレステロールを下げるなど健康に有効的な成分を多く含んでいます。また大豆と同じように大豆イソフラボンも含んでいるので、女性の美容や健康に効果的です。黒豆は漢方薬として利尿作用や解毒作用があり、腎臓機能を高めてくれます。

コンテンツ一覧

インフォメーション

sponsored link