黒豆で健康生活

|黒豆は古くから薬効がある食べ物として中国の文献に記されています。

黒豆の効能・効果


sponsored link

古くから黒豆には優れた効果効能があると知られていました。

最近になって黒豆が注目されている理由は、腸内を整え、血液をサラサラにし、ダイエットや生活習慣病の予防に期待ができるとわかってきたからです。

大豆の効果効能についても注目されていますが、黒豆のもっと優れているところは大豆と同等の栄養成分が含まれている他に、ポリフェノールのアントシアニンが含まれていることでしょう。


血液サラサラ効果(血液循環改善)
血液をサラサラにするほか、血管を拡張する成分も含まれており高血圧にも効果があると言われています。また頭皮の血行が良くなることで、白髪や抜け毛を改善する働き期待できます。中国の漢方の本には「黒豆は髪の悩みに効果がある」と書かれています。

糖尿病の改善
黒豆に含まれるトリプトシンインヒビターという有効成分が膵臓の働きを活性化し、インスリンを分泌する細胞を増やし、血糖値を下げ、正常に戻します。また黒豆に含まれる抗酸化成分は糖尿病の合併症予防に役立っています。

骨粗しょう症の予防
黒豆にはカルシウムが含まれるほかに、イソフラボンが骨からカルシウムの流出を防ぐ働きがあります。その他に含まれる豊富なビタミンB群やマグネシウムにより、膝や腰などの関節痛を緩和します。

ダイエット・腸内環境改善効果
黒豆に含まれるガラクトオリゴ糖により、腸内の善玉菌が増えます。またペクチンやサポニン、水溶性植物繊維が含まれており、腸での脂肪や糖分の吸収を抑えてくれ、ダイエット効果も期待できます。

老化防止・生活習慣病予防
活性酸素が体内で大量に発生すると高血圧や高血糖、ガンなど様々な生活習慣病の原因になります。黒豆に含まれるアントシアニンやイソフラボンなどは抗酸化作用があり活性酸素の害を予防してくれます。

ガン予防
上記の抗酸化成分のほかに抗ガン作用があるトリプトシンインヒビターやフィチン酸も含まれています。

更年期障害予防・緩和
大豆は更年期障害の緩和や予防に効果があるように、黒豆にも同じ効果があります。これは大豆や黒豆に含まれるイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあり、減少した女性ホルモンを補うためと言われています。

その他
夜間頻尿や前立腺肥大の改善、コレステロール調整、ボケ予防、抗アレルギー作用、眼精疲労回復作用があります。

[スポンサードリンク]