黒豆で健康生活

|丹波黒豆は粒が大きく丸い高級な黒豆です。

丹波黒豆


sponsored link

丹波黒豆とは、兵庫県丹波地方生まれの「丹波黒」のことです。

丹波黒は、黒豆の代表的な品種で、大きさが極大粒で丸い高級黒大豆です。

丹波黒の名前のルーツは篠山市川北で栽培されていた元々、川北黒大豆や波部黒大豆と呼ばれていた黒豆を昭和九年に丹波黒大豆に統一し、その後に兵庫県農事試験場で品種特性の比較試験を行い、昭和十六年に兵庫県が品種名を「丹波黒」と命名し兵庫県の奨励品種としたのが始まりです。

丹波黒は生育の特徴として晩成品種というのが上げられます。

しかし丹波黒は1950年代まで早生系統から晩生系統まで様々な種がありました。

これを大粒で形の良い豆など系統選抜を数十年繰り返した結果、今の大粒で丸く、より晩成な丹波黒になりました。

丹波黒が大粒になる理由として晩成種ということがあげられます。

一般の小粒な黒豆は開花から成熟するまで70日くらいですが、丹波黒は100日もかかります。

単純に考えて30日分も養分を蓄える時期が長いということです。

[スポンサードリンク]